お問い合せ

資料請求

お問い合せは TEL092-883-0800 営業時間10:00-18:00

会社案内

サイトマップ

崎田工務店トップページリフォーム工事[建物の寿命を維持する為に]

住まいのリフォーム

住み慣れた家。人と共に年を経て、長年に渡り暮らしを守り続けてきてくれた建物に、気になる部分はありませんか?
直さなきゃ・・・、そろそろ修理かな・・・、 交換できたらいいのになぁ・・・ 等々、判っているのに放っておいていませんか?建物には、定期的に点検し、状況によっては早めにリフォーム・メンテナンスをした方がいい部分があります。放っておくと、かえって費用がかかってしまいます。 適切なタイミングで必要な工事をすることで、建物の本来の寿命が保てるのです。
困ってから見積したり、工事するのではなく、 日頃から費用を把握して置くことをお勧め致します。
網戸の張り替え・蛇口の交換・クロスの張り替え・畳の表替えなど小さな工事から間取りから変えてしまうリノベーションまで、皆様の暮らしをバックアップ致します。

建物の寿命を維持する為に・・・・

屋根改修

陶器瓦
陶器瓦(写真)

基本的には、メンテナンスフリーです。施工時の釘止めが大事ですが、問題なければ心配いりません。瓦自体の割れやズレに注意が必要です。雨漏れに気づかずにいると、下地材の腐食にもつながり、葺き替えしなければならなくなるケースもあります。また、災害を防止するために、瓦止めをしておくと安心です。

セメント瓦・コロニアル瓦

約10年~12年で再塗装が必要です。劣化がすすむと、雨水が浸透して、雨漏れにつながったりして余計な費用までかかってしまいますので、定期的なメンテナンスが大切です。

セメント瓦・コロニアル瓦(写真)
屋上型屋根
屋上型屋根(写真)

鉄筋コンクリート造などには屋上がよく見られます。定期的な点検が大切です。新築当初は防水性能が保たれており、雨水も樋へ流れていくのですが、紫外線や酸性雨に晒され、やがて防水性能が落ちてきます。そのままにしておくと、建物自体によくないことは明らかでしょう。タイミングを見計らって防水メンテナンス工事をすることが重要です。経過10年前後を目安にしておくと問題ないかと思います。

雨 樋
雨樋(写真)

葉や土で詰まったりしていませんか?
雨水の流れが悪いと、豪雨時に流れず、オーバーフローを起こし、バルコニーなどはプールのようになってしまう事もあります。きちんと流れるのが基本です。また、樋を固定している金具が、外れていたり錆びていたりしていませんか?強風時に飛んでしまったり、酷くなると外壁を痛めてしまう原因に繋がってしまいます。きちんと固定されていることが大切です。

外壁改修

サイディング
サイディング(写真)

サイディングの風合いは永久ではありません。商品によっては、十数年で指でなぞると指が真っ白になってしまうものもあります。雨風に晒され、暑さや寒さに耐え続けているのですから、仕方ありません。サイディング板自体が傷み切ってしまう前に、汚れをおとし、新たな塗装で保護しましょう。近年では、単色での塗装以外に2色塗装などもできるようになってきていますので、生まれ変わったように綺麗に仕上がります。

モルタル下地吹き付け
モルタル下地吹き付け(写真)

モルタルで外壁を仕上げ、セラスキンなどで着色塗装する方法です。当然、紫外線の影響などでの劣化します。サイディング同様、白化現象が発生し、特に劣化が進むと、ラス(下地にある網状の金属)からモルタル自体が剥がれ浮いてしまいます。こうなると、一度外壁を壊して、再度下地からやり直しが必要な場合も出てきます。費用は嫌になってしまうほど、かかってしまいますので、ヒビ・割れ・浮きには十分注視が重要です。見た目だけではわからないこともありますので、打診検査をお勧めします。
下地に異常がなければ、汚れをおとし、下地処理・中塗り・上塗りときちんと仕上げれば、全く問題はありません。

タイル仕上げ
タイル仕上げ(写真)

鉄筋コンクリート造の建物に多くみられます。割れやクラックの一部から雨水がタイルと躯体の隙間に入りこみます。その結果タイルが浮いたり、剥がれてしまうことがあります。大通り沿いの建物は、大型車両が通過するときも揺れています。そのままにしておくと、地震時でなくてもタイルが剥がれ落下につながってしまいますので、十分打診検査を行うことが大切です。浮いた箇所は、剥がれを抑止する材料を注入したり、ピンで固定したり、タイル自体を張り替えたりなど状況によって様々な方法があります。

コンクリート打ちっ放し仕上げ
コンクリート打ちっ放し仕上げ(写真)

コンクリート構造物は中性化しているうちは強度を保っているが、さらに進行する(酸化する)ことで、強度が下がってきます。さらに放っておくと、雨などが浸透し、時間がたつにつれ内部鉄筋を錆びさせて、爆裂を引き起こします。建物自体が倒壊してしまう事は考えにくいのですが、ならないようにするに越したことはありません。爆裂した箇所は補修しますが、大切なのは爆裂した原因となる雨水がどこから侵入しているのか、発見・確定することです。もちろん雨水の侵入箇所も処置します。

お問い合せ・資料請求のフォームはこちら

崎田工務店の物件に関する資料をご希望のお客さまは、こちらからお申し込みください。
その他、各種不明点はお問い合せフォームよりお問い合せください。
お問い合せ資料請求
PAGETOP